kino cinéma 立川髙島屋S.C.館

17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン

2020/07公開
113分 R15

ABOUT THE MOVIE

1937 年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア
⻘年の成長とフロイトとの友情を描く、儚くも美しいかけがえのない⽇々

1937 年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。17 歳のフランツは⾃然豊かなアッター湖のほとりで⺟親と暮らしていた。裕福な恋⼈を事故で亡くした⺟親は、フランツをウィーンのタバコ店へ働きに出す。戦争で⽚⾜を失った店主、オットーが営むタバコ店で住み込みの仕事をはじめたフランツは、次第に顧客、そして彼らの願望を知り、⼈⽣の悦び、⼈を愛することへ憧れを抱くようになる。ある⽇、特別な顧客がタバコ店を訪れる。 彼は精神科医として世界的に知られる“頭の医者”ジークムント・フロイト教授。フロイトと懇意になったフランツは、彼から⼈⽣を楽しみ、恋をするよう助⾔を受ける。 ある⽇フランツは、街の遊園地で出会ったボヘミア出⾝の⼥性アネシュカに⼀⽬惚れする。だが彼⼥は、うぶな⻘年であるフランツを置き去りにして姿をくらましてしまう。初恋に⼾惑うフランツにフロイトは今⼀度、彼にある3つの処⽅を与える。世界的な著名⼈であるフロイト教授は、⾃⾝の病気と世の中を覆う政治情勢によってふさぎ込んでいたが、若きフランツと過ごすことで、明るさを取り戻していく。フランツはアネシュカを⾒つけ出し、ついに彼⼥と結ばれるが、その夜を最後に彼⼥はまた姿をくらましてしまう。 1938 年3 ⽉13 ⽇、オーストリアがナチ・ドイツに併合され、フランツは近所で名の知れた共産主義者のエゴンが屋根の上から投⾝⾃殺するのを⽬撃する。さらに、隣の⾁店の密告によってタバコ店が荒らされ、ポルノ雑誌を所有していた罪でオットーがナチの親衛隊に逮捕されてしまう。オットーの残したタバコ店をひとり営む傍らアネシュカを捜し続けていたフランツは、郊外の酒場で踊り⼦として働く彼⼥を⾒つけ出し、国外への亡命を提案するが、彼⼥は既にナチ将校との関係を結んでいた。時を同じくしてイギリスへの亡命を決めた教授を⾒送ったフランツは、ある⼀世⼀⼤の決⼼をする。

原題

Der Trafikant

監督

ニコラウス・ライトナー

脚本

クラウス・リヒター、ニコラウス・ライトナー

出演

ジーモン・モルツェ、ブルーノ・ガンツ、ヨハネス・クリシュ、エマ・ドログノヴァ

詳細

提供・配給:キノフィルムズ  配給協⼒:REGENTS

公式サイト

http://17wien.jp/

© 2018 epo-film, Glory Film

kino cinéma立川髙島屋S.C.館

〒190-0012 東京都立川市曙町2-39-3
立川髙島屋ショッピングセンター8F
042-512-5162