kino cinéma 立川髙島屋S.C.館

Mank/マンク

2020/11公開
132分 G

SCHEDULE

  • 11/24(火)
  • 11/25(水)
  • 11/26(木)
  • 11/27(金)
  • 11/28(土)
  • 11/29(日)
  • 11/30(月)

Mank/マンク(字幕)

シアター 3 25席
  • 20:25- 22:40

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

シアター 3 25席

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

シアター 3 25席

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

Mank/マンク(字幕)

・シアター3のB・C列【水色表示】はプラチナ・プレミアムシート(一般+700円/会員+500円)

ABOUT THE MOVIE

鬼才デヴィッド・フィンチャー×オスカー俳優ゲイリー・オールドマン

本作は、映画史に燦然と輝くオーソン・ウェルズ監督・製作・主演の名作『市民ケーン』でアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家“マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツを主人公に描く物語。アルコール依存症に苦しみながらも、社会を鋭く風刺し続けた脚本家のマンク(ゲイリー・オールドマン)は、のちに不朽の名作となる『市民ケーン』の脚本の仕上げに追われていた...。
依存症の問題を抱えながらも、機知と風刺に富んだマンクの視点から、1930 年代のハリウッドを新たな角度から描き出す。
監督を務めるのは、『セブン』『ファイト・クラブ』などの名作を生み、近年では『ゴーン・ガール』、ドラマ『マインドハンター』で知られ、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞監督賞ノミネート歴も誇る巨匠デヴィッド・フィンチャー。

脚本家“マンク”を演じるのは、『レオン』『ダークナイト』「ハリー・ポッター」シリーズなど幅広い作品に出演し高い人気と知名度を誇り、『裏切りのサーカス』でアカデミー賞主演男優賞にノミネート、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』では圧倒的な演技力でアカデミー賞主演男優賞受賞を果たした名優ゲイリー・オールドマン。さらに「マンマ・ミーア!」シリーズや『レ・ミゼラブル』などに出演し日本でも高い人気を誇るアマンダ・セイフライドや、『白雪姫と鏡の女王』や、今話題のドラマ『エミリー、パリへ行く』でブレイク中のリリー・コリンズも出演。そして、『ゲーム・オブ・スローンズ』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のチャールズ・ダンス、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』『ダウントン・アビー』のタペンス・ミドルトン、ドラマ『オザークへようこそ』『Marvel アイアン・フィスト』のトム・ペルフリー、『オンリー・ゴッド』のトム・バークなど演技派たちも脇を固める。

原題

Mank

監督

デヴィッド・フィンチャー

脚本

出演

ゲイリー・オールドマン、アマンダ・セイフライド、 リリー・コリンズ、チャールズ・ダンス、トム・ペルフリー、トム・パーク

詳細

公式サイト

https://www.netflix.com/jp/title/81117189

kino cinéma立川髙島屋S.C.館

〒190-0012 東京都立川市曙町2-39-3
立川髙島屋ショッピングセンター8F
042-512-5162